マイホームは万能な空間

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

娘の学校が昨日から地域ごとに分ける分散登校で、本日朝から地域のお兄さん、お姉さんと共に久々の学校に行き、教室が分からなくて迷ったみたいですww25日から本格的に1年生スタートです。今後のコロナの影響で再び休校になる事もあるかもしれませんが、学校生活を楽しんで欲しいです。

それでは本題です。緊急事態宣言も解除になって日常が戻りそうな感じもしますが、自分自身はやはり基本、ステイホームを続けます。アフターコロナとか、ウィズコロナとか世間ではこんな言葉もよく耳にします。
弊社ではおかげさまで、現場が動いていましたので仕事的に大きな変化はありませんでした。しかしながら勉強会を開催できなかった事と、OBのお客様への訪問等も緊急性のあるもの以外は自粛させていただいていました。

今後少しづつ状況をみながらセミナーや勉強会も行っていきます。そういえば子供が休校になってから妻も在宅ワークする日が多くなり、たまに夫婦でパソコンを並べて仕事したりと、普段ではありえない光景でした。私は少し前から自宅兼営業所を拠点として、日々営業活動をおこなっています。これはコロナの影響ではなく、それ以前から本社と営業所というスタイルで仕事を行っていて、まだまだ改善点はあると思いますが、ある意味無駄な時間を作らなくてすむという状態になっている点は実に良いです。

少し話がそれましたが、在宅ワークなどの環境下におかれた人は、自宅にちょっとした仕事場的な空間があったらな~とか、書斎ほどのスペースが欲しいなとか思われた方も結構いるのではないでしょうか?
ここで必要な空間というのは、子供たちが遊んでいる場所とのちょっとした区切り的な空間かなと思います。
そう考えるとマイホームというのは実に万能な空間かもしれませんね。
もしかしたら、都会ではなく、密集が少ない田舎暮らし、日光を浴びれる庭付き一戸建てなど、住まいを見直された方も多いかもしれませんね。今回はこの辺で終わりにします。できるだけステイホーム頑張りましょう。

マイホームを実感する初めての日

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日はT様邸の上棟日でした。おめでとうございます。
そして感謝です。ありがとうございます。

お客様が実際にマイホームを実感される最初の日ではないのかなと思います。というのも、マイホームを建てると決められてから、今日の日までは色んな事柄が進んでいきます。私共目線ではなく、お客様目線でいうと、まずマイホームを手に入れる理由というものが出てきます。それは個人個人で様々ですが、例えるなら、お子様の成長に合わせての事だったり、ご夫婦での夢であったり色々です。

漠然と感じるのは、とても高額な買い物である事。
マイホームが夢ならば、それに匹敵するくらいの見えない不安がたくさん出てきます。そしてその不安を抱えながら、どこの会社に相談しようという事を考えられると思います。この時ご夫婦での考え方も違う場合があります。
例えば、ご主人様は、名前の売れた大手のハウスメーカーさん。奥様はマイホームを建てたママ友に聞いてリサーチしたりします。

数多くの不安=知らなかった事が1つずつ分かってくるたびに、現実的な事なスタートラインに立つ方ともう一度考え直す方に分かれてくるのがマイホーム。そんなとても、とてもおーきなプロジェクトです。

だからこの日は、お客様も私共も特別な日となります。
マイホーム計画への深堀は追々にしていきたいと思います。
今日はこの辺りで終わりにします。
ステイホーム頑張りましょう。