ホーローキャビネットやパネルの使いやすさ

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

連日コロナの事を聞かない日はないので、TV自体を本当に見なくなっていますww正直面白くないです。情報として必要なものとそうでないものは自分自身で判別していますので、いらない情報は極力入れたくありませんw

では本題です。今日は洗面化粧台についてお話しをしたいと思います。洗面化粧台は、ほとんどのお宅でお風呂の隣にある脱衣室にある事が多く、家族が使う歯ブラシや、洗顔、もしくはドライヤーといったものを置く場所にもなっています。

水かかりも多いので、できるだけ清潔に使わないと、後々のカビの発生の原因になったりする場所です。
洗面化粧台の鏡部分をあけると収納スペースになっている機器が多くスッキリとしたデザインの物も多いです。
価格もピンキリでゴージャスなものや、シンプルなデザインもあり、予算と好みによって選んでいきます。

日常的に使う場所で歯ブラシのように頻繁に使うものは、収納するよりいつでも使える場所に置く方が便利だったりします。収納はあるのに、いつしか外へ置いているお宅も大変多く見かけます。

これには理由があって、基本的に日常頻繁に使うものは、さっと使える方が便利だからです。しかも洗面脱衣室のような、家族しか使わない空間だと、その都度扉をあけて出し入れするのが面倒くさくなったり、小さなお子さんの場合は、手が届かないといった事もあるからです。

そういった事もふまえてみた場合、こんな洗面化粧台はお勧めだと思います。
ホーローパネル

タカラスタンダードの洗面化粧台なんですが、キャビネットもホーローでできています。耐水性もですが、ホーローなんで手入れが簡単、シミ等はおさらば。ホーローなんで磁石にくっつきますので、多様なオプションも取り付け可能です。使い勝手と掃除のしやすさは日々使う事へのストレス低減につながります。

メーカーの特定はなく、とにかく良いもの、便利だと思うものの情報です。本日はこれで終わりにします。
今週もお疲れ様でした。
マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

キッチンのワークトップ

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日から娘は夏休みに突入!嬉しそうでした。コロナの影響で朝のラジオ体操もなく、何となく夏休みっぽくありませんが、昼間は妻にプールを出してもらって遊んだようです。
本人も出かけずお家で楽しもうと思っているようです。

では本題です。今日はキッチンの天板についてお話をします。キッチンで真っ先に目がいくのが、天板(ワークトップ)です。実際に何がいいのか分かりにくい部分ではないでしょうか。

主に使うのは料理を作る方で、デザイン的にもかなりおしゃれな物が多くなっています。
ステンレス
ステンレスは傷がつきやすいのが弱点ではありますが、そういった事への対処として、凹凸つけたエンボス加工などがあります。実際にステンレスのワークトップはやはり素敵です。プロが意識するような厨房デザインは、やはりステンレスを好まれる方も多いと思います。

人工大理石
見た目も美しく人気があるのが分かります。人工なので実際にはアクリル系またはポリエステル系素材を樹脂でコーティングされています。ポリエステル系の素材は黄色く変色することがあるので、今はアクリル系が多い様です。

クォーツストーン
天然石に近い質感で、水晶を粉砕し樹脂で固めたものです。水晶比率が93%を超えるものがこのワークトップです。
見た目も耐久性も高く高級感があります。

セラミック
水に強く、とにかく硬い表面のため、衝撃にも強いです。見た目の重厚感もあります。

キッチンは毎日使うもので、作業性の良さはもちろんですが、掃除のしやすさも大事です。正直これを選んでおけば1番というのは分かりずらいです。というのも、どの素材も研究されていて、素晴らしいからです。実物をみて料理する場合の動線も感じながら選んでいくのが良いという結論です。

今日はこれで終わりにします。今週もお疲れさまでした。素敵な週末を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

キッチンは掃除が楽!汚れにくい!が大切

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

梅雨に入って気温が例年より低い感じがします。梅雨前線の影響かもしれませんが、地域によっては地球温暖化ではなく寒冷化になる所もあるのかな。。といった気がしています。いずれにせよ、自然災害が起きる原因を少しでも抑えていく行動ができるので、引き続き頑張ります。

では本題です。今日はキッチン関連についてのお話です。水回り設備の代表といえばやはりキッチン。毎日使う奥様方がワクワクする設備です。このキッチンは各メーカーでの特色が様々で、見た目と素材、機能性など価格帯も相当な開きがあります。

例えば価格帯でみると、グレードにより、選ばれる商品もメーカーも様々です。キッチンに限って、建築士や工務店、営業マンが選んだ人気ランキングがありました。総合ランキングの1位はクリナップのラクエア、2位はリクシルのシエラ、3位はクリナップのステディア、4位がリクシルのアレスタ、5位がリクシルのリシェル。
ラクエア.jpg
クリナップ:ラクエア

siera.jpg
リクシル:シエラ
plan_lemure002.jpg
タカラスタンダード:レミュー

上のランキングは主観だらけなんで、これが一押しっていうことではないですので。

クリナップはステンレス。LIXILやパナソニックは総合的なメーカーで、デザイン性やバリエーションが豊富。タカラはホーローでしょうか。

目移りしそうですねww選ばれる基準はやはり、コストパフォーマンスが高いという点かな。
あと、キッチンは常時使っていくところで、汚れやすいということから、汚れが付きにくい、そして掃除が簡単という点がとても大切です。キッチンは水と油に対して強いものがやはり長くきれいに使える感じはします。

耐久性に大きくかかわってきます。忘れてはならないのが、キッチンのレンジフード。ここは油分や水蒸気が最もあつまるので、いかに掃除が簡単にできるか。このあたりを注目していく方多いです。実際に決める場合はショールームで実物を確認してみると分かりやすいです。

私の主観で言うと、タカラスタンダードのキッチンは好きです。土屋太鳳さんの紹介動画はインパクトありますw

キッチンの素材もセラミックトップのシンクもあり、いかに長くきれいに使っていけるかを考えた商品も出ています。
とにかくこの設備を選ぶときのワクワクはかなりの物ですので、楽しんでください。今回はこれで終わります。
素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。