氷点下が続く日に心強い味方のペレットストーブ

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

昨日は終日、娘と遊びました。昨日は気温も高く汗ばむ感じで、夕陽がとてもきれいな日でした。
IMG_6885 (1).jpg
現在は雪が降っていますが、まだ大したことはありません。ペレットストーブの燃料であるペレットも寒さに比例して出荷量も増えています。

一度使うと手放せない感じがするペレットストーブです。しばらく氷点下が続く奥出雲では特に効果を感じることができます。IMG_6886 (1).jpg

幾度といってるように、燃料の補充に必要なペレットはストーブの横に置くことができるので、とにかく楽で便利です。この点は本当に実感しています。ペレットは新たに二酸化炭素を生み出さない環境にやさしい燃料。まだまだ知られてない事も多いので、来年も情報発信を続けます。

今回はこれで終わりにします。寒くなりましたが、暖かくして素敵な年末を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

内窓の断熱・防音効果は想像以上

いつもありがとうございます。IMG_5617.jpg
主に営業活動を行っている松崎好明です。

久々に7時過ぎまで寝ていました。1年に数回あるかないかですwペレットストーブの上では気持ちよさそうにしている我が家のネコ。
ペレットストーブの上に

天板は熱くならないタイプの機種です。ここもお気に入りのようですwそういえば昨日は我が家でお客様と打ち合わせして、人懐っこい我が家のそらが、お子さんの相手として活躍してくれましたww

では本題です。今日は省エネ対策の窓断熱についてお話しします。いくら暖房しても寒いと感じるのは、暖房機器で温めた空気が逃げてしまうからなんです。その熱の出入りが最も大きいのが窓で、およそ50%の熱が冬は室内から外へ流れていきます。

断熱性能をよくするうえで窓の断熱は絶対に必要です。来年の4月からは新築等に対し省エネ性能を建築士はお客様に説明をするという義務が生じてきます。これまであまり聞かなったような数値も可視化されるようになります。

この背景は地球温暖化対策で、住宅は全体の1割以上を占めていくことから、国が定めた一定基準をクリアしていく住宅を作ることで温室効果ガスを削減していこうというものです。

新築住宅の場合は、断熱性能の高い窓を取り入れますが、既存住宅の場合は今ある窓を残したまま、室内側にもう一つ窓をつける選択肢もあります。この商品はリフォームでよく使いますが、実に効果が高くすぐに実感できます。

とても分かりやすい動画のリンクを下に貼りますので良ければご覧になってください。今回はこれで終わりにします。素敵な日曜日を。

内窓の動画

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

カーボンオフセット

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

朝は大分寒くなってきました。我が家もスタンバイ中のペレットストーブ。
IMG_5604.jpg
燃料であるペレットも会社から仕入れてきました。
IMG_5605.jpg

このまま本題です。ペレットは間伐材を利用した燃料で、二酸化炭素を吸って酸素を放出してくれた木材です。ペレットを燃やした時に出る二酸化炭素は元々、吸収していたものを排出するので、新たに二酸化炭素は生み出さないことから、カーボンオフセットと呼ばれています。

地球環境を考えたカーボンオフセット。どんな意味かも分かりやすく伝えた動画がありますのでご覧ください。6年前の動画なんで、排出ランキングは現在と変わっていますが、日本は世界から見ても上位にいます。

私たちが真剣に取り組むべきことは、他にもありますが、環境問題もその一つです。

ペレットストーブの暖かさは昨日も記事にしましたが、正直別物だと感じています。寒くなると益々体調が悪くなったりするのも冷えからだったり、もっと恐ろしいのはヒートショックなど。とにかく我慢は禁物です。ペレットストーブでなくてもいいので、とにかく、冷えに対する認識はもっておいていただきたいな~というのが結論です。

今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。