家づくりは健康への配慮と隣り合わせ!

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

今日は午後から娘が実家にお邪魔して家族に遊んでもらい本当に楽しそうでした。ずっとステイホームだったので今日は実家でとても新鮮な時間を過ごせました。家族に感謝です。

さて本題です。我が家は妻も子供もアレルギー体質のため、必要に応じて薬を服用する場合があります。薬というのは決して良いものだという風には思っていませんので出来れば飲ませたくないですが、すべてを断ち切るというわけにはいきません。アレルギーと、ひとくくりにしても症状はあまりにも多種多様なため、特定するのも大変な場合や検査ではっきりわかるもの、わからないものがあるという事も聞いたことがあります。

免疫が暴走するという事もわかっていますので、免疫を抑えるという必要性もあるので、それらを薬の力で抑えていくという解釈でいいのかな。
よく体質改善のために食生活の見直しでオーガニックや有機野菜という取り入れるものを改善するやりかたも試したりとお子さんのため、家族のために様々なことを自分なりに勉強して少しでも体に良いものを食卓に用意するなど、大切な家族のために行動するのは素晴らしいことですね。

その考えは家づくりにも取り入れています。全国的いや、世界的にも健康に暮らすための家づくりは進んでいます。
家づくりの考え方も10年目、5年前と明らかに変化しているのは、本当に大切なことはなにかという事に真剣に向き合う必要性が求められた背景があったからです。
日本の医療技術は世界的にみてもトップクラスです。平均寿命も年々上がります。
これは一見素晴らしいことです。がしかしです。

本当に健康に暮らしていける健康年齢と、日本の平均寿命との差があまりにも大きい。なんと10年という格差があります。これは健康で暮らしていける年齢から亡くなるまでの時間はおよそ10年の歳月があるというデータです。
つまりここの10年というのは確実に介護が必要になるという誰しも、なりたくはないという10年なんです。
この10年を何とか健康に過ごせないものか?人生100年時代もそう遠くない未来にやってきます。

健康への取り組みを無視した家づくりは考えられません。またお話していきたいと思います。今回はこの辺で終わりにします。 できるだけステイホーム頑張りましょう。

色んな時間を与えてくれたコロナ

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

午前中お客様宅へ仕事でお伺いしました。改めてこんな事態にお仕事をいただけていることに感謝しかありません。
ありがとうございます。

会社は昨日より休みに入っていますが、コロナの影響で今年はステイホームです。
こんな言い方をすると語弊があるかもしれませんが、休校になっている娘、会社員である妻との時間(コミュニケーション)が数か月前より多くなったことで、これからの事を考えたりとても濃い時間を作ることができています。
もちろん仕事の事も同様に、変化していくための準備を進めていく事も出来ています。

それぞれの立場や環境によっては悠忠な事を言ってる場合ではないとお叱りをうけるかも知れませんが、今できる最善ってなんだろうと考えながら行動に移せればと思っています。

新型コロナは基礎疾患のある方が重症化するケースが多いことに、日々生活していてもしもの事が無いように心がけています。というのも、家族は勿論ですが義母や、嫁、娘はまさにその対象者にふくまれることから有効なワクチン等ができるまでは安心はできないのが現状です。
今は自己免疫で打ち勝つしかないと思うと、本当に日々健康でなければいけないとつくずく感じます。

どうもこの新型コロナウイルスが重症化する肺炎は自分を守るはずの免疫が過剰に働くことで、自分の細胞を傷付けて起きる現象が明らかになったという事です。しかも悪化する場合は非常に急激であるため、治療が非常に困難だと言うのです。
感染初期は免疫を上げる必要がありますが、重篤化した場合は逆に免疫を抑えていく必要があるとの事です(一部、産経新聞記事引用)
免疫にかかわる情報や健康にまつわる生活習慣などを改めて考えなきゃと感じています。
それでは今回はこの辺で。
家族を守るために自分を守りましょう。ステイホーム頑張りましょう。


免疫力

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

さて新型コロナウイルスにより、皆さんも改めて耳にすることが多くなった言葉。
「免疫力」
ウイルスなどから体を守ってくれる免疫力。異物が体内に侵入してくると免疫、すなわち白血球が攻撃あるいは
防御をおこない私たちの細胞を守ってくれます。本来、白血球は異物(ウイルスなど)を攻撃するのですが、
時に暴走してアレルギー反応を引き起こしてしまいます。
花粉症からくる鼻炎などがそれにあたります。自己免疫疾患は本来は攻撃しない、自分の細胞を傷つけてしまうことで起こる現象です。

免疫には第一バリアがあります。皮膚や粘膜です。よく腸内環境を整えましょうというのは、ウイルスなどがこのバリアを突破できなくさせるためです。しかしそこを突破して入ってくるウイルスに立ち向かうのが白血球たちです。
この白血球たちは色んな戦士がいて、菌を食べてしまうものや、殺してしまうもの、中和させて感染力を奪うものなどなど。体内にはそうした素晴らしい戦士(白血球)たちがいるんですね。
免疫には生まれつき備わっているものと、獲得免疫といって一度体内に入ったウイルスなどを記憶していくものがあり、インフルエンザの予防接種はまさに獲得免疫の性質を利用したものになります。

免疫も奥深いです。実際にこれらの免疫力を高めるためには、一般的に皆さんが規則正しい生活、食生活により基礎体温を上げていくなど基本的な事です。
しかしながら加齢とともにどうしても落ちていく免疫力に病気の発症や日々生まれてくるがん細胞などに免疫力がまけてしまうという構造です。

それともっとも免疫を落とすであろうストレス。
できるだけストレスを感じないような工夫は大切なポイントです。お金をかけなくても免疫が上がる方法がありました。
笑う事です。笑うことで活性するNK細胞というのがあります。がん細胞などを死滅させる白血球です。

家族が健康だから、笑いが出てきます。笑いが出れば幸せだと実感できます。
マイホームづくりにおいても、切っても切り離せないものが健康です。
一見、今回の免疫の内容は、マイホーム建築をする住宅会社とは関係ないと感じるかもしれませんが、知れば知るほど
密接な関りがあることが分かってきます。
こうして書くことで実は私自身が学んだことのアウトプットにもなります。
今回はこの辺で失礼します。
ステイホーム頑張りましょう。