グリーン住宅ポイント制度

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日はまた寒波到来で雪がふっている奥出雲町です。前回の寒波の様な猛威はなさそうなので安心しています。もう雪は勘弁して欲しいのが心情です。

では本題です。今日はグリーン住宅ポイントについてのお話しです。住宅の性能によってもらえるポイントが違います。各ボーナスポイントもあります。
①東京圏からの移住②多子世帯(18歳未満3人以上)③3世代同居仕様④災害リスク区域からの移住。

ポイントは何に交換できるのかと言う点も、コロナ禍の背景も加味してありますので、参照してくだい。例えばテレワークなどのワーキングスペースや、ウイルス対策の設備機器など。
詳しくはチラシをご覧ください。
グリーン住宅ポイント.pdf

上手に利用していきましょう。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

注文住宅購入時に利用できる補助金とは?雲南市を中心とした住宅会社が紹介します。

皆さんは住宅の購入にどのくらいの費用をかけるでしょうか。
予算が足りず理想の家を実現できなくなるのは少し悲しいですよね。
そこで知ってもらいたいのが、注文住宅購入時に利用できる補助金制度のことです。
この記事では注文住宅購入時に利用できる補助金について、雲南市を中心とした住宅会社が解説します。
ぜひお役立てください。

□注文住宅で利用できる補助金について

補助金制度にはさまざまなものがありますが、ここではその中でも2つ紹介します。

*すまい給付金

すまい給付金は、消費税増税による住宅取得者の負担を緩和するために設けられた補助金制度です。
床面積の広さが一定以上であることや、第三者による検査を受けていることなどのいくつかの条件をクリアしていれば申請できます。
消費税率10%の現在では、最大50万円まで給付を受けられます。
すまい給付金は、他の減税制度やポイント制度とも併用できるため、積極的に利用すると良いでしょう。

*ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金

ZEH(ゼッチ)とは、エネルギー収支がおよそゼロになる住宅のことで、生産エネルギーと消費エネルギーがほとんど同じになる省エネ性能の高い住宅のことです。
この条件をみたす住宅に対して給付される補助金がZEH補助金です。
こちらも補助される金額はタイプによってさまざまですが、60万円~120万円ほど支給されます。

各自治体が独自に補助金制度を扱っていることがあるため、住宅を購入する際は、事前に市区町村のホームページを確認することをオススメします。
補助金制度を有効に活用して、負担を減らしたいですね。

□減税制度について

住宅購入者への措置としては、補助金のほかに住宅ローン減税制度があります。
住宅ローン減税制度は、住宅を取得する際に住宅ローンを借り入れする場合に、金利の負担を緩和する制度のことです。
増築や改修で100万円以上の工事費がかかった場合も、この制度の対象となります。

ただし制度の内容は複雑ですので、減税の対象となるのかどうかはきっちり調べておきましょう。
ご不明な点がある方は、お気軽に当社にお問い合わせください。

□まとめ

今回は注文住宅購入時に利用できる補助金制度と減税制度について紹介しました。
住宅購入時に受けられる補助金制度にはさまざまなものがありますね。
これらを利用する際は、給付される金額や給付条件をしっかり確認したうえで行うようにしてください。
何かご不明な点がございましたら遠慮なく当社までご相談ください。

2021年住宅購入ポイント制度

いつもありがとうございます。IMG_5617.jpg
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日は午後から海の見えるお客様宅にお伺いし、太陽光発電の発電量のチェックを行いました。毎年データを取っていますが、年間の発電量はほぼ同じです。メーカーが出している予想発電量より下回った年はありません。
IMG_6396.jpg旬の話題もお届けできるし、カレンダーも毎年楽しみにしておられました。

では本題です。今日は2021年の住宅購入ポイント制度についてのお話しです。

新たな住宅購入ポイント制度 政府が検討に入りました。政府は新型コロナウイルスの影響で低迷が続く住宅市場を活性化するため、省エネにつながるなど一定の条件を満たした住宅を購入すると、商品の購入などに使えるポイントを付与する制度を設け、来月まとめる予定の経済対策に盛り込む方向で調整に入ったことが明らかになりました。

国内の住宅市場は、新型コロナウイルスの影響もあって着工された住宅の戸数が今年、9月まで15か月連続で前の年を下回っています。

住宅市場を活性化するため、政府は一定の条件を満たす住宅を購入したり、改装をしたりすると、商品の購入などに使えるポイントを付与する制度を新たに設ける方向で調整に入りました。

条件としては、省エネ性能が高い住宅の新築やリフォーム、それにテレワークをしやすくするリフォームなどが検討されています。

政府・与党内には、経済対策としての効果を高めるため、1度にもらえるポイントを最大で100万円程度にすべきだという意見もあります。

一方で、住宅関連に出費をするのは、経済面で比較的余裕のある人が多く、より深刻な打撃を受けている人たちへの支援を優先すべきだとして、条件の範囲を絞ったり、ポイントの上限を抑えたりすべきだという意見もあります。

政府は来月まとめる予定の追加の経済対策に盛り込む方向で詳しい制度設計を急ぐことにしています。

上記はNHKニュースでの内容を引用しています。不動産、住宅市場と言うのは、景気を左右する大きな産業です。最大で100万円という制度が実現すれば、マイホームを検討される方々にとっては相当な朗報です。今後も有益な情報はだしていきます。今回はこれで終わりにします。今週もお疲れさまでした。素敵な週末を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね!こちらからお願いします。

マイホーム計画の助成金はどんどん使いましょう

いつもありがとうございます。IMG_5617.jpg
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日は娘の参観日。妻が出向きます。そして今夜は娘のお友達がお泊りに来るというので、娘も大はしゃぎ。同じ学校ではありませんが友達は大切です。楽しい時間を過ごして欲しいですね。

では本題です。今日はマイホーム計画に有利な助成金などのお話をします。住宅ローンは超低金利、そして土地建物を取得する際の税金等の特例措置も充実していて、本当に今はマイホーム計画がしやすい時期だという事は間違いない感じです。

それ以外にも、地方自治体などや、国で定めた助成など調べれば確実に一つは該当する可能性がありますので、計画の段階では是非、調べてくださいね。もっともこういった情報は、家づくりをする会社や不動産業者は当たり前の様に知っていなければなりませんので、聞いてみてください。

DJI_0011 (1).JPG
今年新築されたこちらのお宅も、地元の住宅整備支援事業補助金、太陽光発電とLED照明のエコな取組に対する奨励金、次世代住宅ポイント、すまい給付金といったものを利用されています。総額で言えば数百万にも及びますので、間違いなくお客様は嬉しいし、利用した助成金で住宅ローンの繰り上げ返済や家具等も購入出来たり、良い事づくしです。

申請は請け負った会社でできますので、もし何か利用できそうなものはないかと感じたら担当に聞いてみてください。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

住宅取得の支援策!

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

毎日暑いですが、朝は少し涼しくなった感じでしょうか。しかし日中は強烈な日差しが続きますのでくれぐれも熱中症に気をつけてください。毎年この時期に住んでる地域の総会があるのですが、今年は縮小してできるだけ書面にて取り行う方針でした。

では本題です。今日は新築や中古住宅を取得した際の国の支援策の「すまい給付金」についてお話しします。
住宅支援策
すまい給付金は、消費税の増税対策で、最大50万円がもらえる制度です。令和3年の12月まで実施される様です。自己申告ですので、該当の方は是非申告してくださいね。金額も大きし、見逃したらもったいないですので。手続きは簡単ですが、もし分からなければ、住宅会社の代行手続きでもOKなので、頼んでみてください。

要件や概要は国土交通省のHPのリンクを下に貼っておきますので確認してみてください。もしご夫婦で持分をきめて住宅を取得した場合は、ご夫婦で申請してください。その場合、別々の申請ではなく、まとめて申請ができます。
いくらの給付金がもらえるかも、各要件を入力すれば自動で計算してくれるようになっていますので、以下から確認してしてみてくださいね。

すまい給付金の申請は、お引き渡しして入居後1年以内(現在は1.3年に延長されています)に申請してください。
今日はこれで終わりにします。素敵な1日を。

すまい給付金

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

子育て安心リフォーム助成金

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

昨日は娘がお友達と遊ぶという事なので、午後からは、日本映画専門チャンネルにて、北の国からを楽しみました。40年前のドラマですが、ものすごくいい作品で改めて感動しました。しばらくシリーズを楽しめそうです。

では本題です。本日は新築やリフォームに際しての助成金についてつぶやきます。島根県内に新築およびリフォームする場合に対象となります。

助成金などは条件さえ合えば受け取れるお金なんで是非参考にしてみてください。それぞれの市町村にも独自の助成金がある場合が殆どですので、各市町村のHPで必ず確認してみてください。もらえたはずの助成金を知らずに申請をしなかったなんて、もったいないですから。

島根県内の家屋をリフォームする場合最大で80万円の助成金が受け取れるのが以下に記載する、「しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム助成事業」です。募集期間は令和2年5月11日~令和3年2月15日までで、予算がなくなり次第終了となります。

この助成金制度は近年あらたに、子育てによる安心リフォームというのが追加され、条件も大きなしばりもないので大変利用しやすくなっています。子育て世帯というのは、18歳未満の子供がいる世帯もしくは妊娠中の方がいる世帯です。

この制度の良いのは、例えばお孫さんが遊びに行く家(両親の実家など)も子育て配慮改修の家となります。
同時に耐震補強工事もすればそこも助成対象となります。申請は工事をする工務店などに頼めばOKです。
しまね長寿・子育て安心リフォーム助成事業.pdf

入金は工事完了後になりますが、まとまった金額にみなさん本当に喜ばれます。見逃しがないようにしてください。
今日はこれで終わりにします。今週も頑張っていきましょう。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。