松江市の売り土地情報‼

いつもありがとうございます。
スタッフの松崎好明です。

今日は金融機関、役所周りから始まり、そのあとは事務方作業が続いていおり、なかなか時間に追われてますが、PC前で集中できますので確実にすすんでいます。金融機関さんとの住宅ローンのやりとりも、おおずめです。同じ金融機関でも支店ベースでちがいますね~。また新たな発見です。

本題は今日は不動産情報の告知です。
詳しくはこちらをご覧ください。

松江市の物件となり現況引き渡しとなります。ご興味のある方はお問い合わせください。

不動産のお問い合わせやご相談も随時対応させていただいております。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

奥出雲町中心地の土地情報

いつもありがとうございます。
スタッフの松崎好明です。

昨日はいつもより早めの就寝。うたた寝した感じですw
一晩寝たらまたスッキリして、業務遂行できました。明日も大事な打ち合わせあるので準備です。

結構移動も多い仕事なんで時間を大事に動いていると思います。
本日は奥出雲町の売り土地のご紹介です。

こちらに掲載してありますので、ご覧ください。

奥出雲町の中心地にある2物件です。徒歩圏内にコンビニやスーパーもあり、車通りも多い立地が角地のほうです。
商用にもつかえる土地ですので、気になりましたらお問い合わせください。

近くにある950万円の土地は、住宅用地に適しています。
では明日の準備が残っていますのでこれで終わりにします。おやすみなさい。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

地域ってこんな風に分かれています!

いつもありがとうございます。
スタッフの松崎好明です。

今日は事務所にこもり仕事してます。明日は娘の運動会なんで、場外から応援しますwグラウンドには人数制限があり一家族1人と決まっています。去年もでした。後日、動画配信される予定です。楽しんできます。

では本題です。今日は国土のきまりについてのお話しです。一般の方はあまり聞きなれないかもしれませんが、私たちには身近な事になってます。

皆さん日本の土地はいくつかに分類されていることを聞かれた事があるでしょうか。
これをご覧ください。
土地分類

国土はこのように分類され、それに伴う各法律によって守られています。例えば市街化区域というのは、おおむね10年以内に優先的に街づくりをする区域。逆に市街化調整区域は、その逆で市街化を抑制すべき区域です。
市街化区域の中には、用途地域と言うのが定められ、建築出来る用途や種類、または大きさなどが細かく決められています。

市街化調整区域はよく土地相場が安いという点がありますが、原則、マイホーム建築ができないという事もでてきますので、注意が必要です。もちろんそういった事は業者がきちんと伝えていきますので安心してください。

国土交通省のHPにもでていますので、時間のある時にでもご覧になってみてもいいかもしれません。都会地に行かれた時など、だからこんな形の建物なんだな~という事もわかってきますので、ご家族で観察すると案外楽しいかもしれません。
今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

不動産売買のあれこれ

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

本日は自治会の総会があり、たった今帰宅した所です。コロナ禍で行事等が出来なかった今年度。また新たな役員が選出されました。私は二つほど役がありますので、また皆さんの協力の元頑張っていこうと思います。

では本題です。今日は土地売買に関するお話しです。土地の売買は、①個人間売買と、②仲介を入れた売買、③宅建業者所有の土地を宅建業者でない方への売買などがあります。images (21).jpg

この中でも③の宅建業者所有の土地を売買する場合は、途端に様々な取決めが出てきます。なぜかと言いますと、売主が宅建業者の場合、不動産取引の素人である買主が不利な立場に立たされる場合が多いために、様々な制限が求められてきます。

実に8種類もの制限がでてきます。原則、買主に不利な特約は無効になります。しかしながら、ぎりぎりの所で、思わぬ落とし穴が潜んでいる事もありますので、契約の際には決して焦らずに慎重に行ってください。

一般の方が不動産取引なんて何度もすることはありませんので、わからなくて当然です。だから期限を迫るような取引には十分気を付けてくださいね。知らなかったをできるだけなくすために、ブログや、イベントで情報を伝えていこうと思います。今回はこれで終わりにします。今週もお疲れ様でした。素敵な週末を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

建築条件付きの土地とは?

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

昨日も暖かな1日で、本日もとても良い天気です。暖かな日が続くと春が近いのかなって感じます。三寒四温、繰り返して確実に春はそこまでですね。午後から市役所で打ち合わせなんで早めの投稿です。

では本題です。今日は不動産売買等に関するお話しです。用語も分かりにくい言い方もありますので、分かりやすくお伝えします。

ダウンロード (5).jpg土地や建物を売ったり、買ったりする場合の多くは売主さんと買主さんの間に不動産屋や、宅建業も営んでいる、ハウスメーカーや工務店が入っています。この場合の売主というのは、物件を持っている方の事を言います。

自分の持っている土地を売りたいので、不動産屋さんに依頼するケースや、元々宅建業者がもっている土地なら、その宅建業者が売主となるケースです。よく土地売買の備考欄に「建築条件付き」と書いてあるのは、ほとんどが、宅建業者が売主の場合です。

この建築条件付きというのは、建物を建てるメーカーや工務店が決まっているという事です。
つまりこの土地を買う場合は、○○工務店で、マイホーム建築は行ってくださいという条件付きです。

松江市などの分譲地はほとんど、この建築条件がついています。お客様からみると、気に入った土地が見つかった。ではどこにマイホーム建築を頼もうかなという流れになりますが、土地を紹介あるいは仲介してくれた会社にそのまま頼むというケースが殆どです。

これが建築条件付きの不動産になります。賛否両論ありますが、土地探しからマイホーム建築というのは一体ですから、囲い込まれる様なイメージも実際にあるかもしれませんが、親身に最初から付き合う事もできる場合もあり、コミュニケーションが取れることも多いかと思います。

必ず人と人のお付き合いになりますので、建築条件付きというものを知ったうえで向き合ってみてはいかがでしょうか。今回はこれで終わりにします。今週も元気に頑張りましょう。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。


注文住宅をお考えの方へ!土地探しの注意点についてご紹介いたします!

注文住宅を建てる際には、土地探しから始めなければいけませんよね。
「どのように土地を探せばいいのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、土地を探す際の流れとポイントについてご紹介いたします。

□注文住宅の土地を探す際の流れについて

長く住む土地になるため、注文住宅の土地探しは大変重要なものです。
土地探しの流れについて見ていきましょう。

まずは、住みたいエリアを決めましょう。
通勤や通学など住み慣れた地域に限定して選ぶのか、新天地でも良いのかなど大まかで良いので地域を絞ります。
エリアを決めることで、土地探しを依頼する不動産会社を選べるため、話を進められるでしょう。

次に、資金計画を決めます。
土地探しの段階からしっかりとした資金計画が必要です。
なぜなら、予算通りの土地は簡単に見つかるものではないからです。
漠然とした予算で探してしまうと、土地購入費に予算が圧迫され、思い通りの家を建てられない可能性があるでしょう。

資金計画が決まったら、不動産会社と土地探しをしましょう。
注文住宅は、自分好みの家を建てることが目的です。
土地と建物を合わせた予算内で計算し、良い土地を探しましょう。

□土地選びのポイントとは?

土地選びはどのように行えば良いのでしょうか。
ポイントについて解説していきます。

まずは、自分の希望をまとめることです。
利便性、治安、日照条件などどのような生活を送りたいかをイメージし、優先順位を定めましょう。

候補地が見つかった際、実際に購入する土地を選ぶ時のポイントについて解説します。

まずは、地盤を確認しましょう。
日本は地震や台風などが多いため、地盤が緩い土地に住宅を建ててしまうと災害時に大被害を受けてしまう可能性があります。
それを避けるためにも、気になっている土地の地形や地盤を深くリサーチしてください。

次に、日当たりです。
日当たりについては、朝、昼、夕方の日照をすべて確認しておくと良いでしょう。
高い建物の近くであると、洗濯物が乾きにくかったり、昼間でも薄暗くなってしまったりと問題が出てくる可能性があります。

また、午前と午後で日当たりがかなり変わる土地もあります。
生活面でも精神面でも問題となるため、しっかりとチェックしておきましょう。

周辺環境も確認しておきましょう。
時間帯による治安や、学校、スーパーなどの商業施設などを確認しておくことで住み心地が良いかどうか判断できます。

□まとめ

今回は、注文住宅の土地探しの流れとポイントについてご紹介いたしました。
注文住宅を建てたいと思った時は、土地探しも大変重要になってきます。
長く住み続ける場所だからこそ、土地探しも妥協せずに行いましょう。
当社は雲南市を中心に注文住宅のご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

土地購入時の大切な事

いつもありがとうございます。IMG_5617.jpg
主に営業活動を行っている松崎好明です。

来週から寒くなりますので、なにかと先行してやっていますが、進み具合が今一つでもうひと頑張りだな~って感じます。

では本題です。今日は土地を買う際に見ておいた方がよいサイトがありますのでご紹介したいと思います。
マイホーム建築にかかせない土地。新たに土地を探していく場合は、周辺環境や便利さも確かに重要だと思いますが、事前に調べておきたいのは、災害の備えです。

自然災害はいつおきるか分からないし、どうしようもないと思われるかもしれませんが、少なくてもハザードマップ等で災害の危険性を知ることはできます。例えば水災や地震など。近年は大型化している台風により過去のハザードマップは当てにならない場合もありますが、全く知らない土地の場合は、この災害には弱い地域だとかいう目安はわかります。

まずはこちらです。国土交通省のハザードマップポータルサイト
地域を入力していけばOKです。

次に地震ハザードステーションです。
これも調べたい土地の住所を入力していくと、断層や30年以内に震度6強の地震のくる確立など様々な概要が調べられます。

土地を買うときには、ご自身でも調べられる事もありますので、まずは情報として知っていることはいい事だと思います。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね!こちらからお願いします。