目立たないけど大事な部分!注文住宅で照明を選ぶポイントを紹介します!

注文住宅の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
明るい住宅づくりのためには、照明の選び方が重要です。
照明1つで、明るく快適な住空間を実現できます。
今回は、照明の種類と照明の選び方のポイントについてくわしく紹介します。

□照明の種類とは

照明の種類は、大きく7つあります。

1つ目は、シーリングライトです。
これは、天井に直接設置するタイプの照明です。
高い位置から空間を照らすため、部屋全体を均等に明るくしてくれます。
加えて、取り付けや取り外しが手軽なことから多くの住宅で採用されています。

2つ目は、ダウンライトです。
これは、天井に埋め込んで設置するタイプの照明です。
天井に埋め込むことで、天井をフラットに見せられます。
複数灯をバランスよく並べることで、メイン照明としても使えます。

3つ目は、間接照明です。
これは、天井や壁に光源を当てて反射させ、間接的に空間を照らす方法です。
天井の一部を1段高くした折り上げ天井を採用している住宅で用いられます。
この方法によって天井高を強調し、奥行きのある空間を演出できます。

4つ目は、ペンダントライトです。
これは、天井から吊り下げるタイプの照明です。
ダイニングテーブルの上部に設置されることが多いです。
ダクトレールとセットで設置することで、テーブルの向きを変えたときの位置変更を容易にします。

5つ目は、スポットライトです。
これは、特定箇所を集中的に照らすための照明です。
ライトの特性を活かすことで、コントラストが効いた空間を演出できます。

6つ目は、ブラケットライトです。
これは、壁面に設置する照明です。
玄関灯として人気のある照明の1つです。
やわらかな陰影をもたらし奥行きを感じさせるといった雰囲気がある空間をつくるときに欠かせません。

7つ目は、フットライトです。
これは、足元を照らすための照明です。
廊下や階段を歩行する際に安全な歩行を助けてくれます。

以上、7つの照明を紹介しました。
照明の持つ個性と特徴を把握し、住空間に最適な照明を選びましょう。

□照明の選び方の注意点とは

ここでは、3つの場所における照明の選び方の注意点を紹介します。

1つ目は、リビングです。

リビングは、さまざまな用途で使用される部屋の1つです。
部屋全体をすっきりと見せたいのであればダウンライト、部屋全体を明るくしたいのであればシーリングライトをおすすめします。
加えて、くつろぎ感を演出したい場合には間接照明やブラケットライトを使用してみてはいかがでしょうか。

2つ目は、ダイニングです。

ダイニングテーブルの上には、ペンダントライトが使用されていることが多いです。
照明の色は、温かみのあるオレンジ色の光を放つライトを使用しましょう。
そうすることで、テーブルに並べられた料理がより一層美味しそうに感じられます。

3つ目は、寝室です。

寝室には、明るすぎない照明を使用することがベストです。
寝室は住宅の中でも家族の好みに応じた照明を選ぶことが大切です。
いくつかの照明を試す中で、最適な照明を選択しましょう。

□まとめ

照明の種類と照明の選び方の注意点についてくわしく紹介しました。
部屋の目的や家族の希望に沿った照明を選びましょう。
雲南市周辺にお住まいの方で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にお声がけください。

LED照明はやはり主流に。

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

昨晩は焼き肉をご馳走になり、がっつりスタミナつけていただきましたw上ミノのコリコリとした触感は格別で、いつまででも食べれるかんじです。すっかりはまっています。

では本題です。今日は蛍光灯からLED照明へ交換した場合についてのお話しです。長寿命で電気代がお得と言った事はよく知られています。
LED照明はの寿命はは白熱電球のの40倍、蛍光灯の4倍で、40,000時間~50,000時間です。

ダウンロード (6).jpg消費電力は、白熱電球の六分の一程度、蛍光灯の二分の一程度です。もともと発熱量も少ないので、室温が上昇する程度が少なくなります。

省エネ基準がさらに明確になる中、設備の省エネ化は益々進んでいきます。白熱灯も用途に応じて必要な役割がありますので、一切不要なんてことはありません。

照明設計も奥深いので、色んな方向からの知識も必要だな~って感じます。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問、そして各商品へのお問い合わせは、お気軽にご質問、ご相談してくださいね!こちらからお願いします。

眩しさ低減LED照明

いつもありがとうございます。IMG_5617.jpg
主に営業活動を行っている松崎好明です。

大相撲も千秋楽。今年納めの場所。優勝は、貴景勝か照ノ富士か!この話を妻にすると、いつものように全開の興味なしオーラを放ちますwwまあそんなもんですねww

では本題です。今日は照明についてのお話しです。照明設計は奥深いです。しかしながら照明による空間演出でガラリとイメージもかわります。例えばダイニングテーブル上の照明。
ダイニングテーブル上照明

ダウンライトやシーリングなど種類も数々ありこれが正解なんて言うのはない感じです。こういった電球タイプもとてもおしゃれだと思います。
電球タイプ照明

LED照明なんですが、少し弱点があるとすれば、眩しいという点です。これを緩和するには、ワット数を小さくしたり、デザインを変えてみたりです。
例えば、エジソンバルブのノスタルジアなどもいい雰囲気です。直視してもそんなに眩しくないです。
IMG_6185.WEBP
タイプや種類で変わります。照明は奥深いけど雰囲気を変えてくれるおしゃれ担当の演出家だと思います。

今回はこれで終わりにします。素敵な日曜日を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

照明と壁材の関係性

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

秋の気配を感じられる秋桜。自宅の近くです。
IMG_5280.jpg
では本題です。今日は壁の色(種類)で同じ照明をつけてもまるで雰囲気が違うお話です。照明はマイホーム建築において雰囲気を担う重要な要素をたくさん含んでいます。実際に照明デザイナーという職業があるくらいです。

直接照明や、壁面などを照らしていく間接照明など。お店にいくと何ともレトロな照明がついていたりして、総合的にオシャレな演出がしてあったりと、目をひきます。

同じ照明、同じ空間でのシミュレーションです(直接照明と間接照明)
main01.jpg

main05 (1).jpg

main02.jpg

main04.jpg

いかがですか。まるで違いますね。同じ光でも暗く感じたり、明るく感じたり、光は物にあたると反射します。この効果を使って部屋の雰囲気をだしていきます。壁材一つで、かわるので、壁紙交換や間接照明のリフォームで雰囲気作りができるというのが結論です。今週もお疲れさまでした。素敵な週末を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。