シンボルツリー3

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

毎年今日は、地元の愛宕まつりがあり、賑わいます。今年はコロナの影響で余興等は中止です。思いでを綴るライブ配信があるようです。娘は短い夏休みが終わり、今日から2学期です。8月も残りわずかですが、大変な猛暑ですね。

では本題です。シンボルツリーのお話です。こんなライトアップをすると更にゴージャスな感じです。
ガーデンライト.JPG

月桂樹
月桂樹開花
月桂樹の花言葉『栄光』、常緑樹、樹高:2m~10m、開花期:4月~5月。
丈夫で乾燥にとても強く、極端な寒さ以外の環境には耐えることができ、特に土質を選びません。

ヤマボウシ
ヤマボウシの花言葉『友情』、落葉樹、樹高:10m~15m、開花期:5月~7月、果実熟期9月~10月。
小ぶりで清楚な白い花が咲き、虫がつきにくく枯れにくい庭木です。

ハナミズキ
ハナミズキの花言葉『華やかな恋』、落葉樹、樹高:4m~10m、開花期:4月~5月、果実熟期:9月~11月。
華やかな花が咲くので、洋風の庭に良く似合います。

ジュンベリー
ジュンベリー果実
ジュンベリーの花言葉『穏やかな笑顔』、落葉樹、樹高:3m~7m、開花期:4月~5月、果実熟期:6月。
欧米でガーデニングブームにより爆発的な人気が出たジュンベリーです。

ユーカリ
ユーカリ開花
ユーカリの花言葉『思いで』、常緑樹、樹高:10m~30m、開花期:4月~5月、果実熟期:10月。
1年中葉っぱを落とさない常緑樹なので、リビングなどの目隠しにも良いです。

アオダモ
アオダモ開花
アオダモの花言葉『幸せな日々』、落葉樹、樹高:10m~15m、開花期:4月~5月、果実熟期:10月。
煙るように細かい花が咲き、清々しい風情を感じさせてくれます。

3回連続でシンボルツリーをご紹介しました。まだまだ人気の樹種はあります。植栽があることにより、完成時の印象や雰囲気か変わり、より風情や、ゴージャス間も出てくるシンボルツリー。剪定作業やメンテナンスは必要ですが、身近な癒しスポットがマイホームなんてとても素敵ですね。今回はこれで終わりにします。

今夜も涼しくして素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

シンボルツリー2

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

私共ほど、お客様と長くお付き合いする職種ってないんじゃないのか~と、いつも思います。お引渡しから本当のお付き合いが始まります。。。というのは実際本当の事で、入居頂いた後、どれだけ満足していただけるか、またどれだけ楽しんでいただけるかという通信簿は出来上がった時ではなく、ご入居後生活されてからいただくものだと、本当に思います。

では本題です。昨日に引き続きシンボルツリーについてお話しします。
ハイノキ
ハイノキ開花
花言葉は『誕生花』、常緑樹、樹高:3m~4m(一般的な高さ)開花期:4月~5月
生長が遅く日陰に強く、洋風な雰囲気があります。

シラカシ
シラカシ開花
シラカシ花言葉『勇気』、常緑樹、樹高:15m~20m、開花期:4月~5月。
緑が美しい庭木で目隠しに最適です。

ソヨゴ
ソヨゴ果実
ソヨゴ花言葉『先見の明』、常緑樹、樹高:5m~15m、開花期:6月、果実熟期:10月~11月。
和風・洋風のどちらでも合わせやすい庭木です。

庭木は生長の時間によって管理の手間も違ってくるようで、各地域の気候や庭木の特性で選ぶ楽しさがあるようです。ガーデニングや本格的な庭造りは、戸建て住宅の醍醐味ではないでしょうか。今回はこれで終わりにします。
素敵な休日を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

シンボルツリー1

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

昨晩は家族で焼き肉行きました。やっぱり焼き肉はいいですね~。元気が出ます。また店員さんの気づかいや配慮で尚更おいしく頂きました。やはり人ですね~、どの商売も。リピート決定です!

では本題です。今日と明日、明後日は、マイホームのシンボルツリーについてお話しします。シンボルツリーがあるとより、建物が引き立ちます。植栽は身近に感じる癒しです。それだけでなく、風よけ、木陰つくり、目隠し効果もあり、樹種によっては花の香りや、紅葉、実をつけたりと季節によって色とりどり楽しめます。

実際にはどんなものを選んだら良いか分かりにくい所だと思いますので、私も勉強を兼ねていくつか紹介していきます。ネット等や専門家からの情報で、例えばエクステリアの専門家や設計士のお勧めを中心にあげていきます。

シンボルツリーというのは大きく分けて2種類で、1年中楽しめるのが常緑樹。季節の変化で楽しむ落葉樹があり、今日は3種類のシンボルツリーをご紹介します。

オリーブ
オリーブ果実
オリーブの花言葉は『平和』樹高:5~7m、開花期:5月~6月、果実熟期:10月~11月・乾燥や寒さに強く洋風な庭にとても合うといった特徴があります。

もみじ
紅葉
もみじの花言葉は『大切な思い出』
もみじは大きく3種類に分けられ、イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジです。イロハモミジについてお話しします。落葉樹、樹高:10m~15m(株立ちであれば3mに満たない)開花期:4月~5月、紅葉期:10月~12月
色ずく葉が1年を通して楽しめます。

シマトネリコ
シマトネリコの花
シマトネリコの花言葉は『偉大』
常緑樹、樹高:2m~10m、開花期:5月下旬から7月、常緑樹なので季節を問わず楽しめます。

基本的に成長の早い樹木やそれほど早くないものがあり、剪定や手入れは必要となります。株立ちで樹高を抑えていったり、他の樹木とのバランスで決めていくなど、庭造りを楽しんでいただきたいです。今回はこれで終わりにします。今週もお疲れさまでした。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。

コンクリートの目地(メジ)

いつもありがとうございます。
主に営業活動を行っている松崎好明です。

ジリジリと暑い日が続いています。残暑見舞いでなく猛暑見舞いですね~。まだしばらくは続きそうですね~。週末に天気が崩れそうなので、そこが一つの分岐点かなと感じます。暑さが過ぎれば、そのあとは台風でしょうか。
暑さもコロナも自己防衛していきましょう。

では本題です。今日は駐車場などに打つコンクリートについてのお話です。皆さんも見たことあると思いますが、コンクリートとコンクリートの間の隙間。この隙間の事を目地(メジ)といいます。
IMG_3943.JPG

この目地は何のために必要なのか。。。という事なんですが、ひび割れを防ぐためのものです。コンクリートはとても硬く頑丈なイメージがあると思いますが、コンクリートの強度は上部からの力(圧縮力)に対してはものすごく強い特徴があります。

だから木造住宅では基礎と呼ばれる建物の荷重を支える底面に使います。逆に変形や、引っ張る力には弱く、それがひび割れの原因になったりします。地震の様な大きな力が加わると、変形に耐え切れなくなったコンクリートは、割れたりする場合があります。

またコンクリートは気温の変化によっても膨張や収縮していきますので、それらの変化を目地で吸収し他の部分にひび割れを起こさないようにという目的があります。ただ、目地をいれても、髪の毛のような細いひびは入ることもありますが、強度的には問題ない場合がほとんです。

エクステリアではこの目地をアレンジしたりして、おしゃれな雰囲気に仕上げる事もでき、目地ひとつで雰囲気まで変わったり楽しくもあるエクステリア計画。

草目地

マイホーム計画は様々な費用がかかり、優先順位をきめて予算組が必要になります。もし可能ならば、エクステリアの費用も概算でいいので、初めに計上しておかれるのが良いと思います。例えば概算で100万円、150万円というように、予算でできる範囲で提案してもらえばとても素敵になります。

全ては予算とのバランスですので、できる最善を住宅会社に提案してもらってください。今回はこれで終わりにします。素敵な夜を。

マイホーム計画の事や資金土地探しなど不安や疑問あれば気軽に質問してくださいね☞こちらからお願いします。